口に錠剤を入れる男性

近頃はオーラルセックスでヘルペスになってしまう人が増えているので、このような経路から病気がうつってしまう可能性があることに注意しておかなければなりません。単純ヘルペスウイルスの1型に感染すると口唇に、2型であれば性器に症状があらわれるとされていましたが、現在ではオーラルセックスが一般化してきたことにより、1型や2型による分類が行われることも少なくなってきました。分類ができなくなってしまうほど、オーラルセックスによる感染が増えているので、うつってしまうことがないように気をつけておくことが大切です。

ヘルペスは症状が出ている部分との接触により感染するので、性器や口内に病変部があれば、そこに触れてウイルスが体内に入ってしまうと病気を発症することになります。この病気の怖いところは症状が出ていないときでも性器や口内の皮膚、粘膜にウイルスが存在していることがあり、ヘルペスのような症状が見られないときでもヘルペスをうつされたりうつしてしまったりする可能性があるというところです。つまり、性器に症状が見られないからとオーラルセックスを行うと口内にヘルペスがうつってしまう可能性がありますし、反対に口内に症状が見られないからとオーラルセックスを行うことで性器にうつってしまうこともあります。

オーラルセックスで感染する性病は、風俗の利用によって男性がパートナーにまで被害を拡大させてしまうケースが多く、ヘルペスの場合もそのような経路で被害が拡大することが多いです。しかしながら、他の性病と違って直接的な接触以外でもうつる可能性がある病気なので、性行為を行っていなくても病気を発症している人と食器やタオルを共有してしまうことで感染するケースもあります。病気の種類によってはお互いがパートナー以外と関係を持たないことで感染を防ぐことができる場合もありますが、ヘルペスはタオルや食器などを介してうつることもあるので、たとえパートナー以外と性行為を行っていなくても感染することがあると知っておきましょう。

ヘルペスはオーラルセックスでうつることが増えているので、発症してしまうことがないように注意しておかなければなりません。性風俗の利用によるオーラルセックスでの感染はもちろんですが、性行為を伴わない原因で発症したヘルペスをオーラルセックスでパートナーにうつすこともあります。感染しやすい病気のひとつだと言えるので、セックスだけではなくオーラルセックスでも感染してしまうことがないように気をつけておくことが大切です。