• ホーム
  • 発疹と発熱を引き起こすカポジ水痘様発疹症の原因は「単純ヘルペスウイルス」

発疹と発熱を引き起こすカポジ水痘様発疹症の原因は「単純ヘルペスウイルス」

2020年06月12日

単純ヘルペスウイルスに感染すると性器ヘルペスや口唇ヘルペスになってしまいますが、このウイルスが広範囲に拡大するとカポジ水痘様発疹症という症状を引き起こす可能性があります。一般的に単純ヘルペスウイルスの感染では性器ヘルペスや口唇ヘルペスが発症すると言われているので、カポジ水痘様発疹症という症状を知らないという人は多いです。けれども単純ヘルペスウイルスに感染した人が患部を掻きむしることなどによって広範囲に症状が広がると、カポジ水痘様発疹症を引き起こしてしまうことがあるので注意しておきましょう。また、アトピー性皮膚炎を患っている人が発症した場合は、カポジ水痘様発疹症になる可能性が高いので、特に注意が必要だと言えます。

カポジ水痘様発疹症を発症すると発熱や発疹が主な症状としてあらわれ、そのうち痛みを伴う水ぶくれが形成されるようになるでしょう。早期治療を実現することで発疹の範囲が広がってしまわないこともありますが、広範囲に発疹が広がってしまうことも多いので、なるべく早い治療を心がけるようにしてください。広範囲に発疹が広がってしまった場合、症状の状態によっては入院が必要となることもあるので、そこまで進行する前に投薬などによって治療することが望ましいです。ヘルペスは性器や口内に症状が見られることが多いですが、カポジ水痘様発疹症の場合は背中などに症状があらわれることもあり、目に見えない場所の発症は発見が遅れてしまうことが多いので気をつけましょう。

同じ単純ヘルペスウイルスが原因である性器ヘルペスや口唇ヘルペスの場合は、痛みだけではなくかゆみを感じるケースも多いのですが、この病気の場合はかゆみよりも痛みを感じる人のほうが多いと言えます。痛みに苦しむことがないようにするためにも、発症したらできるだけ早く治療することが必要です。素早い治療はもちろんですが、疲労やストレスが原因となって単純ヘルペスウイルスが活性化してカポジ水痘様発疹症になることもあるので、発症しないように生活習慣に気をつけておくことも大切だと言えるでしょう。

カポジ水痘様発疹症になると同じ単純ヘルペスウイルスで発症する他の病気よりも広範囲に症状があらわれ、強い痛みを感じることが多いことを知っておくと良いです。発疹や発熱、激しい痛みに苦しむことになるので、症状や治療法について理解を深め、いざというときには素早く対処できるようにしておきましょう。