• ホーム
  • ヘルペス治療薬「バルトレックス」の使い方!発症したら早く飲むのが治療のコツ

ヘルペス治療薬「バルトレックス」の使い方!発症したら早く飲むのが治療のコツ

2020年03月25日

ヘルペスの治療薬にはバルトレックスと呼ばれるものも存在しており、この薬もとても効果があることで知られているので、病院で処方されることも少なくありません。効果的な治療薬だと言うことができますが、使い方を間違ってしまうと本来の効果が得られない可能性があるので、発症したときには正しい使い方で服用することができるようにしておきましょう。病院で処方してもらう場合は医師や薬剤師の指示に従えば良いですが、通販などで手に入れる場合は専門家から指導を受けることができないので、自分で使い方を調べておくことが大切です。

バルトレックスは有効成分にバラシクロビルを含んでいる抗ウイルス薬であり、成人している人が服用する場合は有効成分が1回につき500mg摂取できるように1日2回服用します。この用法用量を守って服用することで、口唇ヘルペスや性器ヘルペスの症状を改善することができるので、症状があらわれたら早めに服用することが重要です。バルトレックスの使い方としては用法用量を守ること以外にも、発症してから早めに飲むことが治療のコツだと言えます。何故ならすぐに治療を開始せずにしばらく放置してしまうと、体内でどんどんウイルスが増殖を繰り返すことになるので、治療が大変なものになってしまうからだという理由があるからです。ウイルスがひどく増殖する前に治療を開始することで、早く症状を改善することができる可能性が高くなります。

ヘルペスを放置してしまうとかゆみや痛みが生じるだけでなく、発生した水ぶくれやブツブツが破裂して潰瘍になってしまうことがあるので注意が必要です。潰瘍ができる前にバルトレックスを飲んでおけばひどい症状を引き起こす前に症状を改善できる可能性がありますが、ここまで進行してから服用するとしばらくは痛みやかゆみに耐えなければならないでしょう。できるだけ早く治療を開始することでつらい症状に苦しむことが少なくなりますので、ヘルペスに感染してしまったときには早くバルトレックスを飲むことを忘れないでください。

治療薬を服用するときには用法用量だけに注意しておけば良いと思っている人もいますが、ヘルペスの治療薬でバルトレックスを服用するときには、早く飲むことが重要だと知っておくようにしましょう。バルトレックスの使い方では、服用するタイミングの早さも重要なので、ひどい症状を引き起こさないようにしたり、ヘルペスを早く治したりするためにもバルトレックスを早く服用することが大切です。