• ホーム
  • ゾビラックスを飲むとなぜヘルペスが治るの?そのメカニズムを徹底解説!

ゾビラックスを飲むとなぜヘルペスが治るの?そのメカニズムを徹底解説!

2020年02月25日

ゾビラックスはヘルペスを効果的に治すことができる薬のひとつだと言えますが、どのようなメカニズムで症状が改善されるのだろうと気になる人もいるでしょう。この治療薬に含まれている有効成分には抗ウイルス作用があるので、効果的にウイルスの活動を抑制するという働きを持っています。治療薬を服用する前には具体的なメカニズムを知ることも大切なので、ヘルペスが治る理由について学んでおきましょう。

この感染症の治療薬であるゾビラックスにはアシクロビルと呼ばれる有効成分が含まれており、大人の場合は1日5回、1回につきアシクロビルが200mg摂取できるように服用することでヘルペスの症状が改善されます。ウイルス性の病気はウイルスが増殖することで身体に悪い影響が及ぼされるようになり、ヘルペスではかゆみや痛みが生じたり水ぶくれができるようになったりするでしょう。つまり、ウイルスの増殖を抑制することができれば諸症状が改善されますが、アシクロビルにはウイルスの増殖を阻害する効果があります。

ウイルスはDNA鎖を伸長したりDNA複製を行ったりすることで増殖することができますが、ゾビラックスに含まれるアシクロビルはこれらの活動を阻害する作用を持っているので、ウイルスは増殖することができなくなるのです。増殖できなくなってしまったウイルスはそれまでの活動を停止し、体内のリンパ節などに潜伏してしばらくはヘルペスの症状があらわれなくなります。セックスの刺激や免疫力の低下などによってウイルスが再活性化されることはありますが、再びゾビラックスを服用すればまた活動を停止させることが可能です。

ゾビラックスを服用するとウイルスの増殖が抑制されるというメカニズムがあるので、ヘルペスの諸症状が改善されます。用法用量を守って継続して治療薬を服用すれば、ヘルペスの原因であるウイルスの活動が抑制され、痛みやむずがゆさ、ブツブツなどの症状を改善することができるでしょう。どのようなメカニズムがあってゾビラックスでヘルペスが治療できるのだろうと疑問に思っていた人もいるかもしれませんが、ゾビラックスを服用すればウイルスがDNA複製できなくなり、結果的に活動を中止するというメカニズムがあるからです。このような作用があって効果的に治療することができるので、ヘルペスに感染してしまったときや再発しそうだと感じるときは、積極的にゾビラックスを用いて治療するようにすると良いでしょう。